楽して維持する! ロボット芝刈機 Automowerで快適な環境管理を

 

 

 



手間をかけずに楽々管理。メンテナンスはほぼ不要。

複雑な地形や傾斜・障害物など、どんな場所であっても高度なナビゲーションシステムにより、刈り残しをなくします。
果樹園からソーラーパネル発電所、個人宅、企業、学校、公園、ホテルなど幅広く対応。
なにもせずに良い状態を維持できるAutomower(オートモア)は世界で最も売れているロボット芝刈機です。

 

 

 

 


集草作業不要!! Automower(オートモア)が草刈りの問題を解決してくれる。
これからは、伸びる前に刈る時代です

Automower(オートモア)は毎日少しずつ伸びる前に刈るため、集草の必要がなく
何もせずに良い状態を維持してくれるので管理がより簡単にできます。

また、防水なので雨の中でも使用可能。濡れている雑草でも乾いている時と同じ質で
草を刈ることができます。

ランダム走行とは、境界ワイヤーで囲まれたエリア内をランダムに走行することによって
轍ができにくく、刈跡を残すことなく高さが均一の刈り込みができます。


静けさこそ最高の価値。十分な静寂性。
不快な騒音がなく夜間でも周囲を気にすることなく稼働させられる

57dBの低騒音 ※騒音値の基準でいうところの「普通の会話レベル」の音
独自のカッティングシステムにより、非常に控えめで静かに働く為、周囲を気にする時間帯
でも時間や場所を問わず稼働させることができます。

最大作業領域 3,200㎡エリアの芝を一定の高さに保つことができ、また曜日ごとに
2つの時間帯を設定することもできます。


複雑な地形や障害物があっても効率的に刈ることができる。
高度なナビゲーションシステム搭載で刈り残しがない 

GPS内蔵により作業範囲をマッピング ※地図をつくること
その情報をもとにパターンを徐々に調整、刈り残し領域をなくします。

他よりも伸びている場所を感知すると、スパイラル状に走行し重点的に刈り込みを行います。
その後、通常のランダム走行に自動的に切り替わります。(スパイラルカッティング)



傾斜にも対応!斜面もぐんぐん登る。
作業困難な果樹園の下草も簡単に雑草防除ができ環境管理が楽になる。

24°(45%)の斜面でもぐんぐん登って草刈りをします。
衝突センサーが障害物にぶつかると進行方向を変えて進みます。
また、充電が必要になると自らチャージステーションに戻り充電を開始します。

リフトセンサーで安全面も高性能!持ち上げるとブレードの回転が停止。
手を入れても届きにくい位置にブレードを配置しています。

使用例  ※いろいろな場所で幅広くご利用いただけます。

デモンストレーション(実演)のご依頼もお受けいたします!!