除草作業には安全性の高い防除剤を使用したインターレジェンス工法を行っています

インターレジェンス(IL)工法とは

「人にも環境にも優しい」インターレジェンス工法
安全性の高い雑草防除剤として今注目を集めています。

専用の天然成分を溶かした溶液を噴射ノズルから高圧で噴射することにより、強制的に溶液を
浸透させ雑草を枯らす工法です。
また雑草の根元から切り倒し、溶液を切り口にしみこませることで噴霧直後から半日ほどで
効果があらわれてきます。

※効力の速さは噴霧する環境によって多少差がでる場合があります。

雑草が生えているのは再生しているのではなく、新しく飛来した種子によるものが大半であり、定期的に施工を行うことでより効果の持続が期待できます。

メガソーラー下に繁茂していた雑草等を
IL工法で施工




農林水産省・環境省 認可の特定農薬を使用
安心で安全な工法です。

「農作物、人物および水産動物に害を及ぼす恐れがないことが明らかである」ものとして
農林水産大臣及び環境大臣が指定する農薬とされているので人や動物への影響がない成分
による除草や抑草が可能となりました。

※特定農薬とは安全性と薬効が認められた薬剤のことです。

① 施工前





施工直後~半日ほどで効果が徐々に現れ始めます

環境にもやさしいインターレジェンス工法
地球温暖化、最大の原因とされるCo2排出の削減に

自然界で産出される成分を使用しての噴霧施工を行い、半日ほどで”枯れてくるような感じ”の
効果があらわれます。
その為、草刈り後のような雑草焼却処分を行う必要がなく、地球温暖化に影響を及ぼす
Co2排出削減にも繋がります。

② 施工直後 

”枯れてくるような感じ”の効果なので
草刈りをする必要がありません






施工場所

④施工後(1年後)

③ 施工後(1ヵ月経過)